フォークリフトの仕事にデメリットはある?仕事の内容や魅力とは | 横浜で物流を中心に人材派遣を行っている株式会社ZEALです。

お知らせ | 株式会社ZEAL | 横浜市を中心に物流に特化した人材事業を行っています。

お知らせ | 株式会社ZEAL | 横浜市を中心に物流に特化した人材事業を行っています。

newsお知らせ

フォークリフトの仕事にデメリットはある?仕事の内容や魅力とは

物流をはじめ、工場などで活躍する重機の1つがフォークリフトです。
フォークリフトを操作するフォークリフトオペレーターの仕事とはどのようなものなのかを解説します。
またフォークリフトの仕事のメリット(魅力)やデメリットについてまとめます。

フォークリフトの仕事にデメリットはある?仕事の内容や魅力とは

フォークリフトとは

そもそもフォークリフトとはいったい何か、わからない方もいるでしょう。
フォークリフトは車体の前方にフォークと呼ばれるツメを備えた荷役車です。
フォークは昇降や傾斜が可能なリフト構造となっています。
このため、リフト可能なフォークを備えた荷役車ということで「フォークリフト」と呼ばれています。
フォークリフトは荷物を運搬するために使用される荷役車です。
荷物の下部分やパレットと呼ばれる荷台の差し込み口にフォークを差し込んで持ち上げ、運搬します。

4種類ある動力

フォークリフトの動力は大きく分けると4種類あります。

  • バッテリー式
  • ガソリン式
  • ディーゼル式
  • 燃料電池式

大型のフォークリフトにはガソリン式やディーゼル式がありますが、屋内で使われる3t以下のフォークリフトはバッテリー式が多くなります。
近年広まってきたのが燃料電池式となります。

講習または教育を修了した人が運転可能

荷役車であるフォークリフトの運転は「フォークリフト運転技能講習」か「フォークリフト運転特別教育」を受講、修了した人のみが可能です。
最大積載荷重1t未満の場合は「フォークリフト運転特別教育」を、1t以上の場合は「フォークリフト運転技能講習」を修了しなければなりません。

フォークリフト運転特別教育

最大積載荷重1t未満のフォークリフトを運転するために必要な講習です。
学科講習を6時間、実務講習を6時間受講すると、受講証明書が取得できます。
教育は事業者が実施可能で、証明書も事業者が交付できます。

フォークリフト運転技能講習

最大積載荷重1t以上のフォークリフトを運転するために必要な講習です。
学科講習を11時間、実務講習を24時間受講すると、受講証明書が取得できます。
講習は都道府県労働局長に登録された教育機関で実施されます。
証明書については厚生労働大臣が認可した機関からの交付となります。

フォークリフトの仕事のメリット(魅力)

フォークリフトの仕事のメリットや魅力についてまとめます。

需要がある

工場や物流倉庫などフォークリフトが活躍する現場は多種多様です。
そのためフォークリフトオペレーターの需要は高く、仕事を得やすい特徴があります。
都市部、地方などの土地柄を選ぶことなく需要がある点も特徴的です。
また日本のみならず世界を見渡してもフォークリフトオペレーターが活躍できる現場があります。

収入増も期待できる

フォークリフトの運転は経験を積むことで、より高い技術力が得られます。
熟練の技術を持つオペレーターに成長すれば、その技術に対する評価が上がり収入増も期待できます。
フォークリフトオペレーターの収入は国内100職種の中で32位に位置しています。
正社員として働く場合、年収337万円程度が相場です。

ジェンダーレスである

重たい荷物を運ぶ荷役車であるフォークリフトですが、その運転には腕力がいりません。
つまり男性や女性問わず従事可能な仕事です。
また性差だけではなく、幅広い世代の人が従事可能な仕事にもなります。
体力的に衰えを感じ始める年齢になっても、技術力さえあればフォークリフトオペレーターとして一線で活躍可能です。
年齢を重ね高い技術力を持つ熟練工になれば、現場で求められる存在になることもあります。


フォークリフトの仕事のデメリット

メリットがあればデメリットもあるのが常です。
もちろんフォークリフトオペレーターの仕事にもデメリットがあります。

事故や物損のリスク

人の力では持ち上げられない重たい荷物などを運ぶのがフォークリフトの仕事です。
運搬中や荷物の上げ下ろし時にバランスを崩し横転してしまう事故や、荷物を落下させ壊すといったリスクもあります。
フォークリフトは死角も多いため、その運転には注意が必要です。
自分が運転するフォークリフトの特徴やフォークの様子などをよく把握する必要があります。

周囲の状況に左右される

物流業界で働く場合、トラックからの荷卸しやトラックへの積み込みといった仕事も担います。
当然トラックが来なければこれらの仕事ができません。
道路状況によっては、トラックの到着時刻が遅れてしまい待機時間が長引き仕事の終了時間が遅くなることもあります。
また完成品を運ぶといった仕事も、運ぶものの完成を待つなど周囲の状況に左右されます。

できるのが当たり前

「事故なく運搬できるのが当たり前」と考える人が多いのも、ある意味デメリットでしょう。
ちょっとしたミスが許されない雰囲気があります。
もちろん、オペレーターの技術が未熟なうちはミスや事故は起こります。
ミスが当たり前と考えず、できるのが当たり前と頭に置き取り組むことが必要です。

まとめ

フォークリフトは物流や工場ではなくてはならない荷役車です。
それだけにフォークリフトオペレーターの需要は多く、仕事がないというケースはありません。
安定的に働き続けられる仕事でもあるのは大きなメリットでしょう。
資格を取得し、技術力を高めていけば、年齢を重ねても熟練工と呼ばれるようなオペレーターとして活躍できますよ。
「手に職を」と考えている方は、検討されてはいかがでしょうか。

Please feel free to contact us about a request for work and recruit

お仕事のご依頼、採用について
お気軽にお問い合わせください

TEL icon045-633-8916